第一工業大学の特色

都築学園による第一工業大学は、東京の上野と鹿児島に2つキャンパスを用意しています。上野キャンパスは上野駅片歩いて1分という好立地に存在しています。秋葉原という世界でも有数の電気街の近くにありますので、知的好奇心の刺激を受けやすい環境で勉学ができます。一方鹿児島キャンパスは桜島や霧島連山の臨める雄大な自然の中にあります。近隣には温泉などもあって、キャンパスライフに癒しの要素も手軽に取り入れられます。

鹿児島キャンパスには実験や実習をするための施設がありますし、遠方から入学した学生のための学生寮もあります。学生寮は男女に分かれ、キャンパスから歩いて5分くらいのところにあります。領内には、卓球台やビリヤード場、トレーニングジムなども完備されています。充実したキャンパスライフを送ることもできるはずです。

上野キャンパスにも、上野駅の周辺に3棟の建物があります。建物の中には、コンピューター実習室をはじめとして設備がこちらも充実しています。洗練された空間の中で、将来技術者として必要な知識やスキルをマスターできます。個性を重視した教育を建学の精神としていて、それぞれの生徒が個別に持っている特性や能力を伸ばすような教育を行っています。